聯合ニュース


現在位置


サムスン電子の昨年純利益 韓国上場企業の37%

2013-04-02 17:22

記事内容

【ソウル聯合ニュース】韓国上場企業の昨年の総純利益のうち37%をサムスン電子が占めたことが2日、分かった。2009年の19%から大幅に上昇し、独り勝ちの様相をさらに強めている。

 韓国取引所と韓国上場会社協議会が発表した有価証券市場上場の12月決算企業業績(連結ベース)によると、サムスン電子の昨年売上高は前年比21.88%増の201兆1036億ウォン(約16兆7300億円)、営業利益は同85.69%増の29兆493億ウォンだった。同社は昨年、上場企業の総売上高の約11%、総営業利益の約30%を占めた。


 また、サムスン電子の昨年純利益は前年比73.31%増の23兆9453億ウォンで過去最高を記録。上場企業の総純利益(65兆789億ウォン)に占める割合は36.79%に達した。

 純利益の2位以下は現代自動車(9兆563億ウォン)、起亜自動車(3兆8647億ウォン)、現代モービス(3兆5420億ウォン)の順。2~6位企業の純利益を足してもサムスン電子を下回る。

 サムスン電子の純利益が上場企業の総純利益に占める割合は、2009年は19.46%、2010年は19.95%だったが、2011年には30.73%に急上昇した。 
stomo@yna.co.kr


戻る

PCバージョンのウェブサイトへ


© Yonhapnews

back top