聯合ニュース


現在位置


韓日外相会談 ドイツで17日開催=少女像問題など協議か

2017-02-16 11:40

記事内容

【ボン聯合ニュース】韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は15日午後(現地時間)、20カ国・地域(G20)外相会合に出席するため訪問したドイツのボンで記者団に対し、17日に行う日本の岸田文雄外相との会談について、「両国関係を見極めながら、懸案は当然議論する」と述べ、釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が設置された問題や、日本の独島領有権主張などが議題になることを示唆した。



 ただ、「基本的には信頼を積み上げるという方向性で(両国の)認識が一致しているため、それを念頭に置いて議論する」として、「率直に話し合うなかで、これまでわれわれなりに韓日関係改善に努力してきた立場を伝える。日本は日本なりの立場を伝えてくると思う」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr


戻る

PCバージョンのウェブサイトへ


© Yonhapnews

back top