聯合ニュース


現在位置


文大統領「ハングルは民主主義精神と通じる」

2017-10-09 14:51

記事内容

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「ハングルの日」の9日、自身のフェイスブックに「万民が文字を使用できるようにして、誰もが自分の考えを簡単に表現し、意思疎通できるようにしたこと、世宗大王のハングル創製の意図は今日の民主主義精神と通じる」との文章を掲載した。





 先月に米ニューヨークで開かれた国連総会に出席した際、国連本部のロビーに展示された最初のハングル活字本「月印千江之曲」を見ている写真を掲載した文大統領は、「(国連本部で)ハングルの創製と共に、世界で最も進んだ金属活字印刷を世界に紹介していた」と述べた。

 また、「9月にロシアで会った高麗人(スターリンにより旧ソ連沿海地方から中央アジアに移住させられた朝鮮系の人々)の同胞は、韓国語と文字を守るために絶えず努力していた」とし、「ハングルはわが民族をつなぐ偉大な共同遺産だ」と評した。

 その上で「政府は海外同胞がハングルによって民族のアイデンティティーを守ろうとする努力を全力で支援する」と表明。「訓民正音(ハングルを作った目的や文字の原理、使用方法などが記された朝鮮王朝時代の書籍)が頒布されてから571年、ハングルの日は言葉を文字で表現できない民の切実さを考えた世宗大王の愛民精神が込められた日だ」とし、「この日を記念してから91年、言葉と文字を奪われた日帝強占期(日本による植民地支配時代)に『朝鮮語研究会』の先覚者がハングルとわれわれの精神を共に守り抜いた日だ」と記した。

 続けて「ハングルがあったからこそわれわれは世界で最も低い文盲率と最も高度な教育を実現し、個性ある独自の文化を発展させた」として、「ハングルの科学性は今日のコンピューターと携帯電話の文字入力システムの優秀性で再び証明されている。SNS(交流サイト)時代にハングルの偉大さがさらに輝く」と強調した。

ynhrm@yna.co.kr


戻る

PCバージョンのウェブサイトへ


© Yonhapnews

back top