聯合ニュース


現在位置


福島など8県の水産物禁輸 WTO敗訴なら上訴検討=韓国政府

2017-10-17 11:53

記事内容

【ソウル聯合ニュース】東京電力福島第1原発事故を受け、韓国が福島県など8県の水産物の輸入を禁じているのは不当な差別だとして、日本政府が世界貿易機関(WTO)に提訴した問題で、韓国政府は一審に当たる紛争処理小委員会(パネル)で敗訴すれば上訴を検討する方針だ。




 食品医薬品安全処の柳永珍(リュ・ヨンジン)処長は17日、「政府としては国民の健康が最優先の考慮事項であるため、WTOの判定結果が韓国国民の健康保護の面で不当だと判断されれば上訴を推進する」と述べた。

 この件について、WTOのパネルは17日までに当事国に判定を伝えた。判定に関する最終報告書は加盟国への配布を経て来年1~2月ごろ公開されるとみられる。争点別に判断するため、韓国に有利な部分と日本に有利な部分があるが、報告書は総じて日本側に有利に作成されているという。

 韓国がパネルの審理で敗れても、最終審に当たる上級委員会に上訴することなどにより、少なくとも2019年までは8県の水産物は輸入されない見通しだ。

 韓国政府は11年3月の福島第1原発事故を受け、同年に福島近隣の農水産物の輸入を禁じ、13年に福島や茨城など8県産の水産物の輸入禁止措置を発表した。日本は15年に韓国政府をWTOに提訴した。

tnak51@yna.co.kr


戻る

PCバージョンのウェブサイトへ


© Yonhapnews

back top