聯合ニュース


現在位置


北核実験場の閉鎖 国連も確認を=文大統領が国連事務総長に要請

2018-05-01 15:54

記事内容

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は1日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が同日に国連のグテレス事務総長と電話会談し、「北の核実験場の閉鎖現場を国連も一緒に確認してほしい」と要請したと明らかにした。




 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は4月27日に文大統領と行った南北首脳会談で、北東部・豊渓里の核実験場を5月中に閉鎖し、韓国と米国の専門家やメディアを招いて公開する意向を示した。

 金報道官によると、文大統領はグテレス事務総長に対し、南北首脳会談の「板門店宣言」に盛り込んだ、軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)を実質的な平和地帯にするという合意に関連し、「平和地帯化のプロセスを国連も参観し、履行を検証してほしい」とも求めた。

 グテレス氏は「喜んで協力する用意がある」と応じた。

tnak51@yna.co.kr


戻る

PCバージョンのウェブサイトへ


© Yonhapnews

back top